歯磨きだけでは不完全? 正しい歯磨き習慣を

広告

 

「食後30分以内に歯磨きをした方がいい」
こんなセリフを皆さんも一度は耳にしたこがあるのではないでしょうか?

筆者もこの言葉を信じて可能な限り食後すぐに歯を磨いています。

個人的には時間が経てばたつほど口の中の菌が増殖してくような気持ちなるからです。

しかし、実際はどうなのかと聞かれれば何の根拠もない思い込みにすぎません。

そこで今回は歯磨きについて正しいブラッシング方法などを調べてみました。
自分の歯磨きを見直す良い機会になるかもしれませんよ。

歯磨きで最も重要なポイントとは?

皆さんは「歯磨き」についてどのようなイメージを持っているでしょうか?

「食後に歯に残った汚れを落とすための行為」

このように考えている人が多いのではないかと思います。

しかし、実は歯磨きで大事なことは「口の中の細菌を落とすこと」だというのです。
これは歯科衛生士の富山とえ子さんの著書「歯は磨かないでください〜歯周病を治すと、全身が健康になる」にて語られていました。

それによると歯磨きとは本来、食後に歯に付着した食べかすがプラークにならないようにプラークコントロールをすることが目的なんだとか。

プラークコントロールって?

この「プラークコントロール」という言葉はよく耳にすると思いますが、そもそも「プラーク」とは何でしょうか?

プラークとは歯垢のことで、食べかすではなく「細菌」の塊のことを言います。
プラークを放置していると、菌が繁殖して虫歯の原因になるのです。

一般的にはプラークは食後8時間後くらいで発生し、48時間後には歯石に変化するそうです。
この「歯石」がなかなか厄介な相手で、歯ブラシだけでは簡単には落ちないのです。

ここまで読めばお気づきの方もいると思いますが、冒頭で述べた「食後30分以内に歯磨きをした方がいい」というほど急ぐ必要はないようでした。

竹屋町森歯科クリニック院長の森昭歯科医師の著書「やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編」では次のようなポイントを述べています。

「歯磨きに関する勘違いの一つとして一日三回の食後すぐ(タイミング)」
「歯ブラシと歯磨き剤を使ってゴシゴシみがく(方法)」
ということですが、一体どういうことなのでしょうか?

 

一体どのタイミングで歯を磨くのが効果的なのか?

やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編」によると、歯磨きのタイミングは非常に重要なよう。
それでは一体どのタイミングで歯を磨くのが最も効果的な歯磨きになるのでしょうか?

著者である森歯科医師によると、プラークが爆発的に増えるのは唾液の分泌の少ない夜、睡眠時とのことです。
最低1日2回、寝る前と朝起きてからプラークコントロールをするのがよいみたいです。

さらに、食後すぐに歯磨きをすることは逆に良くないという驚きの見解もありました。
それは食後すぐに歯磨きをすることで「唾液」の効果が弱くなってしまうというもの。

虫歯の進行の第一歩目は酸による歯のエナメル質の破壊です。
食後の私達の口の中は酸性になりがちで、その酸により歯の成分が溶け出す「脱灰」から回復させてくれるのが「唾液」なんです。
つまり食後はたっぷりと唾液を分泌されている方が虫歯のリスクが軽減されます。

また、歯磨きの方法にも注意しないといけないことがあります。
それは、歯磨きは「プラークコントロールを目的としないと意味がない」ということ。
歯と歯肉の間の細菌を除去することが重要なことで、歯の表面をゴシゴシと磨くことは間違なのです。

ぜひとも歯科医が推奨する「正しい歯磨き」を身に着けてプラークコントロールに生かしたいものです。

プラークコントロールができる歯磨きの方法とは?

歯磨きに必要なポイントは

「歯と歯の間」
「歯と歯肉の境」
「奥歯の噛み合わせの溝」

の3点がとても重要。

それをふまえた上で、どのようにブラッシングをすればよいのか、どんな歯ブラシを選べばよいのかを知りましょう。

まずは磨き方についてです。

よく言われていることですが「力を入れずに優しく磨く」ことが重要のようです。
ブラシの毛先が歯の面に軽く触れる程度の優しいタッチで磨きます。
また、動きも大きく動かずに歯を1、2本づつ磨くイメージで小刻みに動かします。

次に歯ブラシの選び方ですが「ヘッドの小さい歯ブラシ」を選ぶと良いでしょう。
硬さについては歯茎を痛めてしまう場合があるので、あまり硬いものは避けた方が良さそうです。

歯ブラシだけでは届かない歯と歯の隙間にはフロスの使用がおすすめです。
歯と歯の間に何かが挟まったままだと唾液が到達できずに虫歯のリスクが高まってしますので、フロスの使用は重要なポイントと言えます。

一般的に使用している歯ブラシだけでは6割ほどの汚れしか落とすことができないので「歯間ブラシ」「デンタルフロス」の習慣を身につけることが虫歯リスクを減らす手段です。

いかがでしょうか?

自分自身も食後すぐに歯を磨くタイプの人だったので、とても驚かされる内容になりました。
ただ磨けばよいというものではないんです。

歯間ブラシやデンタルフロスは薬局や通販でも手軽に手に入るアイテムです。
普段の歯磨きに上手く取り込んで、プラークコントロールしてみませんか?

関連記事

良ければSNSでシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です