【装着時間】インビザライン・リテーナーの装着時間。短い・足りないと歯は動かない?

広告

インビザライン矯正といえば、アライナーと呼ばれる透明なマウスピースを1日22時間以上かつ、1枚に付き2週間ほど(人によっては1週間~10日というケースも)装着することで、徐々に歯列を動かし、歯列を整える矯正方法です。

このマウスピースは、交換の度に歯科医院に行く必要もなく、1度の通院で数枚、あるいは1枚目~最後までもらうことができる、というのもこの矯正方法の大きな特徴です。

通院頻度がブラケット矯正と比べて少ない、というのはとても大きなメリットですよね。

しかし、その分自己管理の部分が大きく、装着時間が短かったり、足りなかったりすると、歯列が思ったように動かず、1枚、2枚であれば影響はありませんが、外していた時間が長かったのに次々とアライナーを変えていくと、徐々にズレが大きくなってしまい、最終的にマウスピース(アライナー)がハマらない、なんてこともあるのです。

今回は、そんなアライナー装着時間が足りないとどうなってしまうのか? についてご紹介いたします。



 

インビザラインのアライナー 装着時間の目安

まずはアライナーの装着時間の目安についてご紹介いたします。

これははじめにもらうアライナーケースにしっかりと書かれているのです。

Oprimal wear:22hours/day

つまり、装着は1日22時間ということ。

インビザライン矯正のアライナーは、1日22時間の装着が推奨されています。
この1日22時間は連続装着ではもちろんなく、1日の累計で22時間以上装着しましょう! ということです。

22時間というと、1日3食食べた場合、1食あたりにかけられる時間は40分。もちろん、食後の歯磨きの時間なども込みです。
とても短いことがよくわかりますよね。
飲み会、なんていうのも難しい装着時間です。

22時間装着できればベストですが、なかなか難しいため、歯科医院では20時間以上推奨と言われる場合もあるそうです。
しかし、できれば22時間以上装着を目指したいところですね。



 

インビザラインのアライナー 装着時間が短いとどうなっちゃう?

さて、1日20時間、あるいは22時間以上装着しなければならないアライナーですが、短いとどうなるのでしょうか?

歯列を動かすとすぐに歯列が固定(保定)されるわけではありません。実際に矯正中にアライナーを外して食事をしたときは、グラグラと歯が動くのを感じました

そのくらい歯列を動かしているときは歯が動きやすい状態になっています。

また、一見するときれいに整ったように見える歯列も、しっかりと保定されているわけではないので、後戻り(どんどん元の位置に戻ろうと)するのです。

つまり装着時間が足りないと、元の悪い歯並びに戻っていってしまいます。

もちろん、再装着することで防ぐことは可能です。
しかし、装着時に痛みを感じますし歯のグラつきがいつまで経っても収まりません(実体験)。
動きやすい状態の歯を無理に正しい歯列に戻そうとするので、また歯が動きやすくなってしまうんです。

歯が動きやすい状態はムズムズとするような、じんわりと痛いような、そんな感じ。
口の中がいつまでも落ち着きません。
正しい装着時間を守っていれば、その心配も無用なのです。

新しいアライナーを装着して1日~1週間は歯がとても動きやすい状態です。
せめてこの期間だけは22時間以上装着しましょう。



 

歯列矯正失敗の原因! リテーナーもしっかり装着を

僕はリテーナーもインビザラインを製造しているアライン・テクノロジー社のVIVERA(ビベラ、ヴィヴェラ)を使用しています。
使い方はインビザライン矯正のアライナーと変わらないので、違和感なく装着できました。

こちらもインビザライン矯正と同様に、1日22時間以上の装着が良いそうです。

動きやすい歯列をしっかりと固定(保定)することで、後戻りしにくい歯列形成をサポートしてくれるリテーナー。

歯列矯正が終了した、と油断してリテーナーを疎かにすることで、元の歯列に戻ってしまい、失敗したという人が多いそう。
せっかく高いお金をかけるのですから、末永く美しい歯列でありたいものです。

そのためにはリテーナーの正しい装着が必須。
歯列矯正はリテーナー期間が終了して、終了なのです。
最後のリテーナーまでしっかりと装着しましょう。

歯列矯正歯科を探すなら「e-矯正歯科.com」がオススメです。
気になる矯正歯科の知識も学べる矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』はこちら

【後戻り?】インビザライン矯正1年+リテーナーVIVERA1年半の今

2018.05.06



この記事を見た人はこれらの記事を読んでいます

広告

良ければSNSでシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です