マウスピース(インビザライン、クリアライナーなど)矯正は虫歯になりやすい?

広告

他人から矯正していることがわかりにくいマウスピース矯正。
針金などを装着しないため、見た目も自然で、食事の際は素の自分の歯で食べられるというメリットがありますよね。

しかし、一方でつけ外しを自分で行うため、自己管理ができていないとついつい長時間外してしまったり、チューイーを噛むのをサボるとマウスピースがしっかりとハマらなかったりして、歯列が思うように動いてくれない、というデメリットもあります。

今回はその中でも虫歯について考えていきます。

マウスピース矯正は虫歯リスクが高くなる?

インビザラインの場合、1日のうち22時間をマウスピースで歯を覆わなければなりません。

歯磨きはマウスピースを外して行うので、金属を装着するブラケット矯正よりも簡単だといえるでしょう。
そのため、磨き残しなどが少なくなり、プラークをしっかりと除去すれば虫歯リスクが低いような気がします。

しかし、マウスピース装着中は唾液が歯に流れにくくなること、そして歯とマウスピースの隙間に着色物、糖類、酸などが流れ込んで長時間滞在してしまうと、虫歯になるリスクが高まる恐れがあるようです。

マウスピース矯正中はできるだけ完食を控え、食べたあとには必ず歯を磨いてからマウスピースを装着する、飲み物を飲むときはなるべくストローで飲む、といった手間をかける必要があります。

結果的に歯磨き頻度が向上

マウスピース矯正中は、矯正前と比較すると歯磨きの頻度が上昇します。
その理由のひとつにマウスピース矯正中は虫歯治療を行うのが難しい、という点が挙げられるでしょう。

実際には矯正を行いながら虫歯治療を行うことは可能ですが、歯を削ったりすると最悪の場合マウスピースの作り直しの可能性もあります。
マウスピース矯正中はきちんと歯を磨いて、虫歯を予防しましょう。

このようにマウスピース矯正中は歯磨きの頻度が上がり、管理がとても面倒です。
そのため、「めんどくさいから完食をやめた」という人も多くいます。

「矯正すると痩せた」という理由のひとつは、歯磨きの面倒さにあるのではないでしょうか?

正しい歯磨き技を身につける

虫歯を防ぐためには正しい歯磨き術を身につける必要があります。

過去に何度かご紹介しているので、ぜひ過去の記事をご覧ください。

歯磨きをしっかりするなら!歯垢染色剤で歯垢を赤く染めよう

2018.06.24

歯磨きだけでは不完全? 正しい歯磨き習慣を

2018.01.29

関連記事

良ければSNSでシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です