【インビザライン・アソアライナー・クリアライナー】コンプレックスを解消!マウスピース矯正の5つのメリット

広告

歯並びが悪く、昔からコンプレックスだったけど、コンプレックを人に知られたくない……。

自分自身のコンプレックスをさらけ出すのってすごく勇気がいりますよね。
歯並びがコンプレックスだと、一般的なブラケット矯正(歯に金属を装着する矯正法)の「銀色の矯正器具」は、誰の目から見ても歯列矯正しているのが明らかで、コンプレックスをさらけ出しているようなものですよね。

そんな悩みを解消できるのが、僕も行ったインビザライン矯正をはじめとする「マウスピース矯正」です。

矯正期間は多くの場合、1年~3年ほど。
その間、ギラギラ銀色の装置をつけないとなれば、矯正していることを悟られません
そんなマウスピース矯正の5つのメリットを今回ご紹介いたします。

歯列矯正歯科を探すなら「e-矯正歯科.com」がオススメです。
気になる矯正歯科の知識も学べる矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』はこちら

マウスピース矯正の種類はどんなものがある?

マウスピース矯正は「アソアライナー」「インビザライン」「クリアライナー」が一般的です。

アソアライナーとは?

アソアライナーは、開発・製造する日本最大の技工所、阿蘇インターナショナルのマウスピース矯正です。

1ヶ月に1回歯形を取り、都度技工所でアライナー(マウスピース)を制作し、厚みの違うソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mmの3種類を、1日17時間以上装着します。

10日周期ででソフト→ミディアム→ハードと交換していきます。
徐々にしっかりと固定(保定)していくことで、歯が動く痛みを軽減する仕組みとなっています。
インビザライン矯正と異なり、歯茎まで少し被るようなアライナー(マウスピース)であることも特徴です。

矯正中に虫歯治療などを行っても、毎月型取りをするので、いつもフィットする形を保つことができるのも魅力です。

インビザライン矯正とは?

アメリカのアライン・テクノロジー社が製造しているマウスピース矯正です。

僕も行ったインビザライン矯正は、最初に取った歯型を元に完成形までアライナー(マウスピース)を一気に制作するのが特徴。

最近では3Dスキャナーで簡単に歯型が取れる医院も多くなり、年度のようにネトっと不快な印象をとる必要もなくなってきています。
インビザライン矯正は1枚目~最後まで一気に制作するので、誰でも簡単にできる印象がありますが、インビザライン矯正特有の知識が必要になります。

クリアライナーとは?

クリアライナーは毎回型を取り、マウスピース(アライナー)を制作し、治療終了までおおよそ2週間おきに交換していく矯正法です。

1回の交換で、0.4mm~1mm程度動かしていき、1日の装着時間の目安は17時間以上です。

アソアライナーと極めて近い矯正方法です。

 

さて、さまざまなマウスピース矯正があることがわかったかと思います。
医院によって対応している矯正法、歯列によって対応している矯正方法は異なります。
まずは歯科医院に相談するのが良いでしょう。


マウスピース矯正の5つのメリット

ここからはマウスピース矯正の5つのメリットを見ていきましょう。

マウスピース矯正のメリット1:透明な装置は目立たない!

マウスピース矯正の一番のメリットは目立たないこと。
スポーツ選手が装着しているような色付きのマウスピースではなく、しっかりと自分の歯列にすき間なくフィットするように造られたマウスピースは透明で、全く目立ちません。

周りに気づかれず、こっそりと矯正を行いたい人にとってぴったりの方法です。
接客業の人たちも多く行っていますよ。

マウスピース矯正のメリット2:口腔内を清潔に保てる

歯列矯正歯科を探すなら「e-矯正歯科.com」がオススメです。
気になる矯正歯科の知識も学べる矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』はこちら

金属を装着し、ワイヤーで歯列を調整するブラケット矯正は、装置が複雑な形をしており、歯をきれいに磨くのがとても大変です。
複雑な形の歯列や装置周りを丁寧に磨くのは労力がかかるもの。

しかしマウスピース矯正なら、歯を磨く時は装置を外せるため、歯をきれいに磨きやすいのです。

「常に口の中を清潔に保つことができる」というのは大きなメリットですよね。

ブラケット矯正にありがちな虫歯リスクや口臭リスクを低減することができるのです。

マウスピースは2週間ほどで交換するので、マウスピースも清潔に保つことが可能なのも魅力的なポイントですよね。

マウスピース矯正のメリット3:装置が外れる心配がない

ブラケット矯正でよく聞くのは、ワイヤーや装置が外れてしまったりというトラブル。

意図しないタイミングで装置が外れてしまうと、歯科医院に通院して調整してもらう必要があります。
とても面倒なものですよね。

マウスピース矯正はよほど雑に扱わなければ割れることもないので(実際に僕は割れたことがありません)、通院頻度やリスクを減らすことができます。

マウスピース矯正のメリット4:食事が楽しい!

マウスピース矯正は食事中にマウスピースを外すことができるので、自分の歯で、自由に食事をとることができます。

ワイヤーを使用したブラケット矯正でも、食事に制限はなく自由に楽しめますが、あとで歯を磨くことを考えると面倒に感じたり、硬いものを食べると装置が外れてしまうかもしれない、と心配になってしまい、心から楽しめないようなのです。

また、カレーや紅茶など着色しやすい食品は、ブラケットに着色してしまうため遠慮してしまうもの。

マウスピース矯正ならこういった食べ物も気にせずどんどん食べられます。

マウスピース矯正のメリット5:金属アレルギーでも安心

透明で薄いプラスチックのマウスピースを使用するので、金属アレルギーがあっても安心です。

アレルギーを引き起こす心配のない矯正法として、金属アレルギーがある人達からも人気なのです。


マウスピース矯正はメリットがいっぱい!でも非対応症例も

マウスピース矯正はたくさんのメリットがあり、このメリットを魅力だと感じる人にとってはとてもよい矯正方法です。

一方で、こうしたマウスピース矯正は苦手な歯の動かし方もあり、歯並びによっては対応できない可能性があります。
これらは自己判断できるものではないので、必ず矯正歯科で相談してみてくださいね。

歯列矯正歯科を探すなら「e-矯正歯科.com」がオススメです。
気になる矯正歯科の知識も学べる矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』はこちら

この記事を見た人はこれらの記事を読んでいます

広告

良ければSNSでシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です