黄ばんだ歯は嫌!ホワイトニングに潜む落とし穴とは?

広告

皆さんは「ホワイトニング」に興味はありますか?
例えば歯列矯正が終わって歯並びが綺麗になったら、歯そのものも白く綺麗にしたくなってきますよね。

最近では美容に関する意識の高い人達の間では「ホワイトニング」の関心が高まっているそうです。

今では低価格でホワイトニングを行える専門医院なども増えていますが、歯医者での本格的なホワイトニングとなると価格が気になってしまいます。
一般歯科で行う「オフィスホワイトニング」の相場は30,000円~50,000円ほど。
一般歯科指導の元、自宅で行う「ホームホワイトニング」の相場は20,000円~40,000円と決して安いものではありません。

だからといってセルフケア商品を使用して自分でホワイトニングを行ってしまおうと考えている人は少し待って!

実は間違ったやり方でセルフケアをしたことで、ホワイトニングとは正反対の「黄ばみ」「黒ずみ」が発生してしまうこともあるんです。
そこで今回は「ホワイトニング」についてのあれこれを調べてみました。
正しい知識を身に着けて白い歯を目指しましょう。

どうして歯は黄ばむ? その原因を追求しよう

毎日しっかりと歯を磨いていても、歯がいつのまにか黄ばんでしまう。
人と会話しているときや、笑顔を見た時に相手の歯の黄ばみが気になりませんか?

歯が白い黄ばんでいるかで、相手に与える印象が相当変わってしまいます。

自分の歯を見て不快に思われたりしたら当然嫌なはず。
そんなマイナスイメージを与えてしまう黄ばみですが、一体なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか?
歯の黄ばみの原因を探ってみるといくつかの要因が分かってきました。

1つ目の原因は「コーヒーや赤ワインなどの色の濃い飲み物や、食べ物」

代表的な例を上げると、コーヒー、赤ワイン、紅茶、ウーロン茶、カレーなど。
お茶などに含まれる「タンニン」やカレーに含まれる「ターメリック」、赤ワインやチョコレートに含まれる「ポリフェノール」が黄ばみの原因になってしまいます。
また、この他にも着色料を使用しているジュースや、醤油、ケチャップなど色の濃い調味料も黄ばみの原因になります。

2つ目の原因は「タバコのヤニ」

これはよく知られていることかと思います。
タバコの葉が燃える時に発生する「タール(ヤニ)」
ヤニはとても着色しやすい物質のため、あっという間に歯が黄ばんでしまいます。
しかも長い期間喫煙をしてこびりついたヤニは、普通の歯磨きでは全然落とすことができず、歯医者でのクリーニングが必要なほどです。

3つ目の原因は「食後の歯の磨き残し」

食後の歯磨きを簡単に済ませてしまうと磨き残しが起こります。
磨き残した部分からプラークが発生し、歯石が溜まっていく原因になってしまいます。
そうなると虫歯菌が出す酸によって歯のエナメル質が溶かされていき、黄色っぽい象牙質が透けて見えるので歯が黄ばんで見えるのです。
高齢者になるにつれ歯が黄色や茶色に見えてくるのはこれが主な原因になるようです。

歯を失う原因は虫歯だけではない! ホントは怖い歯周病

2018.02.25

歯医者で定期検診を受けた方が良い理由とは?

2018.01.19

セルフケアのホワイトニングってどうなの? その危険性に迫る

歯が黄ばんでしまう原因がわかったので次は対策です。
最近では個人でも気軽にホワイトニングを行えるセルフケアの商品が増えてきています。

実はこのセルフケアで行うホワイトニングが大きな落とし穴に。

何も知らずにセルフケアを行うとかえって黄ばみや黒ずみの原因になっていることもありえるのです。

市販されているホワイトニング商品は「医薬品」ではありません。
そのため着色した汚れを落とすのに十分な洗浄力がなく、歯石などの口の中の汚れが残ったままホワイトニングが行われてしまいます。

そうなると均一にホワイトニングができず、まだらにホワイトニングされた状態になってしまいます。
余計に汚れの目立つ状態になるというわけです。
ホワイトニングは正しい知識のもとで行うのが一番効果的です。

プロに任せるのが一番ですが、どうしてもセルフケアを行いたい場合は一度歯医者に相談してみるのが良いでしょう。

ホワイトニングは正しい知識を持った歯医者でやりましょう

最近ではホワイトニング専門店として、おしゃれな雰囲気の店舗で気軽にホワイトニングができるようになってきました。

このホワイトニング専門店ですが、実は、無資格でも営業できるため、しっかりとした知識を持っているスタッフがいない場合があります。

本来のホワイトニングは過酸化水素を主成分としており、法律上、歯科医院または歯科医師や歯科衛生士がいる医院でしか施術できません。
使用している薬剤の効果も全く異なるので、サロンや個人でもホワイトニングとは比べ物にならないほど高い効果が期待できます。

歯医者で行うホワイトニングも永久に白い歯でいられるわけではありません。
だいたい3〜6ヶ月位の期間で、ホワイトニングを行う前の状態に戻ってしまいます。

歯列矯正をして、美しい歯並びになったのなら、歯の黄ばみになる食生活や生活習慣を見直し、定期的にホワイトニングを行い、白く輝く歯を維持してみてはいかがでしょうか?

歯列矯正歯科を探すなら「e-矯正歯科.com」がオススメです。
気になる矯正歯科の知識も学べる矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』はこちら

関連記事

広告

良ければSNSでシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です